毛皮の最適な処分方法は?

毛皮というものは、実際に使っていなくても次第に劣化していくものです。

また、趣味趣向も変わってくるため、使わなくなってくることが多いものです。

そんな不要となった毛皮を処分する方法も時代と共に変わってきています。

この記事では、毛皮の主な処分方法と効率の良い処分方法について分かりやすく解説いたします。

現在、毛皮の処分の仕方に迷われている方は、参考にされてください。

本記事で分かること

  • 毛皮の主な処分方法
  • 毛皮の効率の良い処分方法

毛皮の4つの処分方法

毛皮の処分方法には、主に以下の4つの処分方法があります。

毛皮の処分方法

  • ネットで出品して売る
  • 近くのリサイクルショップで売る
  • ゴミとして捨てる
  • 毛皮買取業者に売る

以下、その4つの処分方法について解説いたします。

ネットで出品して売る

オークションサイトやフリマアプリなどに登録している方は非常に多いものです。

もちろん、ネットを利用できる方であれば、私物の毛皮を出品して売ることもできます。

ネットで出品して売る場合のメリットとしましては、「いつでも売りたい値段で出品できる」ということが挙げられます。

ネットで売りたい値段で出品して売れた場合には、最適な処分方法となることもあります

ただし、匿名の個人がネットで出品している中古の毛皮製品というものは、高く売れにくいものです。

毛皮は写真と実物の見た感じが異なりやすく、臭うものもあるため、買う側としては手が出しにくいものだからです。

また、たとえネットで上手く出品して高く売れたとしましても、クレームがつく可能性があります

そのため、ネットで毛皮を出品して売られる場合は、妥当な値段をつけて責任を持って売る必要があります。

近くのリサイクルショップで売る

毛皮製品を簡単に処分する方法としましては、「近くのリサイクルショップで売る」という方法もあります。

ただし、一般的なリサイクルショップでは、毛皮製品を高く買い取ってもらうことはできません

一般的なリサイクルショップでは、毛皮に精通している者がいないため、適正な値段で買い取ることができないからです。

また、リサイクルショップは中間マージンを得ることによって成り立っていますので、ネットで売るよりも遥かに安い値段でしか買い取らないようにしています。

そのため、多くの場合は、捨て値で買い取られることになります。

また、リサイクルショップでは倉庫のスペースに限りがあり、毛皮を適正に管理していくことも困難なため、時期によっては多少価値があるものであっても買取を拒否されることもあります。

それでもいいと思われる方は、一般的なリサイクルショップに持っていかれるといいでしょう。

ゴミとして捨てる

毛皮製品の最も簡単な処分方法としましては、「ゴミとして捨てる」という方法もあります。

数千円程度で買って状態も悪くなってしまっている毛皮製品は、残念ながら、どのような売り方であっても高く売ることはできません。

100円の価値すらないような毛皮製品の場合は、燃えるゴミの日に出されるのもいいでしょう。

ただし、ある程度の値段で買った毛皮製品においては、多少状態が悪くなっていても高く買い取ってもらえる可能性があります

以下、その方法について解説いたします。

毛皮買取業者に売る

毛皮製品は、一般的な人ではその価値が分かりにくいものです。

ただし、毛皮買取業者なら、その毛皮製品の本当の価値を知っています。

ネットで出品しても売りたい値段で売れなかったり、リサイクルショップに持っていっても売れないような物であっても、毛皮買取業者なら買い取ってもらえることがあります。

大量の毛皮が使われているコートやジャケットやマフラーなどはもちろんのこと、傷んでいたり少量の毛皮しか使われていない物であっても買い取ってもらえることがあります

ちなみに、近年では、出張査定や宅配査定を無料で行っている業者もあります

毛皮製品を効率良く処分されたい場合は、まずはそのようなサービスを利用された方がいいでしょう。

ネットで一つずつ相場を調べて出品して売っていくよりも効率が良く、物によっては最適な処分方法となることもあります

以上のようなサービスを利用される場合は、買取実績が豊富で利用者の評判も高い以下のページの業者から選ばれるといいでしょう。

おすすめの毛皮買取業者はこちら

    -毛皮コラム